本文へスキップ

熊本県八代にある心理カウンセリング・ルーム「メンタル・ケア・ハウス」です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0965-62-3355

〒869-4602 熊本県八代郡氷川町宮原246-16

NLPコラージュNLP Collage

希望にアクセスする

 米国で開発されたコラージュ療法は、欧米諸国で芸術療法のひとつとして導入されました。
 日本で積極的に活用が図られたのは、1987年日本芸術療法学会で森谷寛之氏によって紹介されてからです。 箱庭療法の研究実践から、「持ち運べる箱庭」というコンセプトが生まれ、日本独自のコラージュ療法に発展してきています。

 私が長年、医療、福祉、教育、産業、司法、個人などの広範囲な分野での相談業務に携わせていただいた中から学んだことは、相談者は変化を求めておられるということです。つまり、どんなに悩んでいても、人は無意識の中にも「希望」を宿していると私は解釈しています。

 そして、「ホリスティック医学」や「快医学」や「NLP」と出会ってから、私はますますその思いを強くしています。

 実際のカウンセリングでも、NLPとコラージュ療法を組み合わせた手法は、過去の小さな喜びにアクセスし、それらをリソース(資源)にしていくと現在の喜びや未来の喜び・・・希望へとつながりやすいのです。不快感の緩和にとどまらず、客観視、認知の修正、目標や行動計画の明確化、モチベーションの高揚などに効果があること、またそれは実際の行動や達成という形で具現化されていくプロセスとして確認することもできました。

 NLPコラージュの特徴は、従来の何の制限もない自由なコラージュや、何らかのテーマを取り上げて行うコラージュの効果の素晴らしさに加え、更に呼吸法やNLPのテクニックを使って、セラピストがガイドとなって寄り添うリーディングコラージュなど多様なところです。そして、自分が自分をガイドできる楽しさが持ち味です。

 『NLPコラージュ』は、セルフケアとして、継続して作品を作りながら自らを成長させることが一番の目的です。そして、十分にそのスキルを向上させた者が、一人でも多くの人と癒やしや充実感や心地良さを分かち合えることを願っています。

                       


NLPコラージュ協会

 NLPを駆使したコラージュをより多くの皆様に知っていただき、活用していただけるよう2013年「NLPコラージュ協会(日本ホープコラージュ協会を改名)」を設立しました。
         















             NLPコラージュ協会のHPへ

Mental Care Houseメンタル・ケア・ハウス

〒869-4602
熊本県八代郡氷川町宮原246-16
TEL 0965-62-3355
FAX 0965-62-2502